材料の選び方

材料の選び方

食品サンプル作りの材料は、一般的には市販されていません。

そのため、市販されている造形物製作用の材料や
模型用材料などを使う事になりますが
どんなものでも使用できるという事でもありません。

材料の特性を見極めて、食品サンプル作りに適した材料を選んで下さい。

■食品サンプルの材料選び 参考サイト食品サンプルの材料.com


簡単に購入できるもの

食品サンプル作りというと
特殊な材料を使って作ろうとする人が多くいますが
特殊な材料は一般の人が、簡単に購入する事はできません。

材料の調達に時間をかけても意味がありませんので

オンラインショッピングなどで、簡単に購入できる材料を探しましょう。


安価なもの

模型用や造形物製作用の材料は、たくさん販売されていますが
個人で趣味のために購入する場合には、高価な材料も多くあります。

食品サンプルの制作予算が、たくさんあるのであれば問題はありませんが
普通はみなさん限られた予算の中で、食品サンプル作りを楽しむ事になります。

当たり前の事ですが、金銭的に大きな負担にならずに
長い間、食品サンプル作りが楽しめるような
価格の材料を使用するようにしましょう。


加工に設備のいらないもの

食品サンプル作りには、さまざまな材料が必要になりますが
材料の中には、加工に設備が必要なものも存在します。

設備の購入には、多額の費用と設置場所が必要になります。

趣味で食品サンプル作りをする場合には
加工に設備の必要がない材料を選びましょう。


硬化時間を調節できるもの

材料の多くは液状のものを
化学変化などをさせる事により、硬化させて使用します。

その際の硬化までの時間が長いと、作品作りに時間がかかるようになります。

また、その逆に硬化までの時間が極端に短いと、加工するのが難しくなります。

適度な時間で硬化する、または自分で硬化時間を調節できるような
材料を選ぶようにしましょう。


着色できるもの

材料自体への着色、硬化した材料の表面への着色。

食品サンプル作りに使用する材料は、制作の際に着色が必ず必要になります。

そのため、着色が容易にできる樹脂を選ぶようにしましょう。

「塗料がすぐに剥がれてしまう」「イメージした色を作るのが難しい」
といった、材料は使わないようにしましょう。


材料の相性

食品サンプル作りには、数種類の材料を使用する事になります。

その際、材料の性質上、同時使用した場合には、材料間の相性の問題が出てきます。

たとえば水性と油性といったものを同時に使用すると
材料同士は混ざり合いません。

使用目的なども考慮し
同時に使用する材料の、相性にも注意して材料選びをしましょう。

食品サンプルの材料