作品を綺麗に見せる方法

作品を綺麗に見せる

作った食品サンプルは、部屋に飾ることになると思いますが
出来れば誰か自分以外の人に、見せたくなるものです。

ですが、個展を開くわけにもいけませんので
手軽に自分のブログなどで、作品を紹介する事になります。

そこで大事になるのが写真の撮り方。

同じ作品でも写真の撮り方で、見た目の雰囲気がまったく違ってきます。

このページでは、あなたの作品をより良く見せるために
食品サンプルの写真の撮り方を紹介します。


@自然光で撮影しよう

食品サンプルだけでなく、写真撮影には照明がとても重要になります。

ですが食品サンプル撮影のために、わざわざ照明設備を揃える事も出来ません。

そこで照明設備がない場合には
太陽の自然光を利用して撮影するようにします。

食品サンプルの撮影には
昼間、太陽の自然光が入る、明るい場所で撮影をしましょう。


Aフラッシュは使わない

食品サンプルを撮影する場合、室内での撮影のため
フラッシュを使う方がほとんどですが、対象物に近い場所からの撮影の場合
フラッシュを使用すると作品が真っ白に写ってしまいます。

食品サンプルの撮影には、フラッシュを使わずに
デジカメの露出を多く設定して撮影をしましょう。


B撮影アングルを工夫しよう

撮影アングル、要するに撮影する角度です。

工夫なく真上から撮影するよりも、おいしそうに見える角度を考えて下さい。

雑誌に掲載されている、料理の写真はとても参考になります。

食品サンプルを撮影する際には、おいしそうな角度を考えて撮影しましょう。


C細かいディテールにこだわりましょう。

作った作品を単体で撮影するのではなく
作品の周りを飾る小物にもこだわると、作品の雰囲気がいっそう良くなります。

箸、スプーン、フォーク、ランチョンマットなどなど
その他、小物も揃えて、作品だけでなく写真に写るものすべてにこだわりましょう。

撮影した写真はそのまま使用せずに、画像処理ツールで修正などをしてから使用すると、さらに作品をきれいに見せる事が出来るようになります。

食品サンプルホットケーキ